連日、イベント自粛の話題が報道され、参加者が集まるか不安でしたが、本日も約20名の方にお集まりいただき、例会2卓、教室2卓での開催となりました。

6回目となる初心者向け教室では、前回学んだポン・チーの復習や多面待ちの課題を行い、いよいよ「カン」「リーチ」のお作法についての学習を行いました。

「カン」は、ポン・チーに比べると行う機会は多くありませんが、これから他のプレイヤーと一緒にプレイしていくには、どうしても必要な知識になります。

これまで学習したマージャンでは、「3枚で1メンツ」としていましたが、カンをすると4枚で1メンツになります。この時不足する牌をリンシャイ牌から補充することになります。最初は少し難しく感じるお作法ですが、場数を踏めばだれでもできるようになりますので、焦らずに経験を積んでいってください。

また、カンと最後のツモ牌に関連した「ツイてる系」の役として、以下の3つの役も紹介いたしました。

・リンシャイカイホー( 嶺上開花 )
 ⇒カンした時に補充するリンシャイ牌でツモアガリすると成立する役
・チャンカン( 槍槓 )
 ⇒加カン(ポンしている牌の4枚目をツモりカンすること)した牌でロンアガリすること。
・ ハイテイ(ツモ)(海底
 ⇒1局の最後のツモ牌でツモアガリ
・ホーテイ(ロン)(河底
 ⇒1局の最後の捨て牌でロンアガリ

そして最後に学習する役として「リーチ」の学習を行いました。

マージャンでは非常にポピュラーな役ですが、初心者教室では、まずは役づくりの楽しさを憶えてほしいとの願いから、リーチが一番最後に習う役になっていました。

これで点数計算以外の一通りのルールを学びましたので、残り時間は生徒さんだけでの実戦練習を行いました。
今回の生徒さんは、喰い仕掛けを積極的に活用される方が多く、その分テンパイも早く、毎回だれかがアガって頂き、おおいに盛り上がりました。 また、リーチでも多くのアガりが出ました。

明槓でドラ表示牌「北」が増えました。4枚で1メンツになりますので、リンシャ牌を補充します
リーチが出来たら千点棒を供託します

そして、次回はいよいよ「点数計算」と(滅多にでない)「役満」の学習を行う予定でしたが・・・皆様方の健康を第一と考え、新型コロナウイルスの流行終息の目途が立つまでは一旦休講させて頂きます。(例会も)

毎回楽しみに参加して頂いた方々には申し訳ありませんがご了承ください。
再開の目途が立ちましたら、改めてご連絡させて頂きます。

最後に、例会の成績です(5人プレイ ウマなし)
今回も吉田さんが手堅くプラスでまとめていました。

吉田 +1  +1
丸山 -6  +5
Kた -11 -11
Y田 -13 -12
田中  +5 -10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です