前回は基本の役(メンゼンツモ、タンヤオ、役牌、ピンフ)を学びましたが、今回はその他のメンゼン系の役と、喰い仕掛け(ポン・チー)の講義を行いました。

本日講義で登場した役は
・イーペーコー、リャンペーコー
・三色同順
・一気通貫
・チャンタ(混全帯幺九)、純チャンタ(純全帯幺九
・ホンイツ(混一色)、チンイツ(清一色)
・チートイツ(七対子)

これで、25種類ある役のうち、13種類まで登場しました。

喰い仕掛けも、みなさん理解度が高く、ポンとチーのやり方(作法や方向指示)も問題なく進みました。

そして、ゲームの流れ(半荘)と、場風牌・自風牌の復習も行い、ほぼ実践に近いゲームをできる準備が整いましたので、今回は実践形式での実習を行いました。(役の計算は生徒さんに指折り計算して頂き、点数計算はスタッフでサポート致しました)

早速講義で習った基本役を揃えて頂き、リーチ、一発、メンゼンツモ、三色同順、ピンフ、タンヤオなどで倍満を上がられる方もいて、皆さんの吸収の早さに驚きました。

他にも、まだ習っていない小三元が登場したり、終了間際には、この教室で初めてマージャンを経験された方が、ダブルリーチ、一発ロンでチートイツ(七対子)を上がられたりなど、ややインフレ気味のゲーム展開となり、大いに盛り上がりました。

小三元(2ハン)+中・発の満貫 (リーチ中の下家からの白でロン)
親のダブルリーチ、チートイツの西単騎待ちで、一発ロンでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です